夜のトイレ

僕が体験した話しを話たいと思います.

先日僕の大学の講義が終わり大学のサークル、

テニスサークルへ行った。

近々新入生に見せるエキシビションマッチをする為

ここのところ毎日ナイターをつけて夜遅くまで練習をしていた。

練習の合い間にトイレに行きたくなった僕は一人トイレへと向かった。

普段は明るい間しか使わないトイレなので静まり返ったトイレは

妙に気味が悪かった。

用を済ませ、手を洗っていると後ろでクスクスと笑い声のような

女の子の声が聞こえる。

トイレには僕以外誰もいないはずなのに不思議に思った僕は

後ろを振り返りトイレの個室の方に目を向けた。

目を凝らしよく見てみると小さな女の子が個室から

顔をのぞかせている。

「えっ!?」

僕は固まった。ここは男子トイレだし、そもそもこんな時間に

大学の男子トイレに幼い女の子がいるはずが無かったからだ。

女の子の容姿は血も通ってなさそうな真っ白な肌

目は逆に真っ黒でその容姿が異様に怖かった。

目が合ったまま僕は金縛り状態になり一歩も動くことが

出来なかった。

そのうち女の子は個室のほうに引っこんでいった。

そこへたまたまサークルの友人がトイレに来て

その旨を説明するとその個室を覗いて見ようと

言う事になり、恐る恐る二人で個室を覗いてみた。

そこには誰もいなかった。

二人は大声をあげてトイレから飛び出した。

友人は俺のことをからかっているんだろうと言って

少し怒っていたが。

僕は本当に見たんだ・・・・。

僕に何かを伝えたかったのだろうか・・・・・。

あれはさまよえる少女の霊だったのだろうか。

それから僕はあのトイレに入ったことは無い。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA