ドラえもん 藤子 F 不二雄先生の分身 

日本人なら誰でも知っている。小さな子供から大人まで幅広い層に支持されている。

[ドラえもん ]

昨年映画ドラえもん STAND BY ME が公開され新しい映像のドラえもんに日本中の子供から大人まで多くの国民がドラえもんにワクワク  ドキドキした事でしょう。

スポンサーリンク


作者の藤子 F 不二雄先生も連載当初からここまでドラえもんの映像が進化すると思っていたのでしょうか?
もしかしたら夢のある藤子 F 不二雄先生の事だから将来こうなるよ!と思い描いて居たのかも知れないですね。

さてそんな国民的スターの生みの親である藤子 F 不二雄先生ですが1996年にお亡くなりになり日本国中が悲しみにくれました。

その藤子 F 不二雄先生がお亡くなりになる前夜に不思議な出来事が起こるのです。

深夜誰も触って居ないテレビが突然付いて暫く 画面を少年が歩いている後ろ姿が放送されている。
その後ろ姿を良く見るとドラえもんの親友の のび太くんだと直ぐに分かる。

もともとのび太くんは藤子 F 不二雄先生が自身の分身の様な存在である。
とおっしゃっていたので先生にとって特別なキャラクターであったのは間違いないでしょう。

暫く無言のまま歩いていたのび太くんが突然振り返り こちらを向いて一言

「もぅ いかなきゃ・・・・。」

その日の朝 藤子 F 不二雄先生はお亡くなりになったと言う都市伝説が語られている。

藤子 F 不二雄先生がこよなく愛したドラえもんと言うもはやアニメの枠からはみ出した このキャラクター達はこれからも私達を楽しませてくれるだろう。

そして藤子 F 不二雄先生が書き下ろした最終話は厳重に金庫に保管されているとの事 数々都市伝説的な最終話の話しはありますがそこは藤子 F 不二雄先生の事ですから本当のオリジナル最終話では私達を心の底から驚かし感動をもたらしてくれる事でしょう。

そんな国民的スター ドラえもん 今度も楽しみながら見て行きましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA