呪われた「交換日記」前編

これは、とある友人から聞いた話で、今からその話をそのまま書き記します。

その話の始まりは、私が専門学校に通っていた頃になります。
専門学校に入学して数ヶ月が立ち、彼氏ができました。
彼氏は私と同じクラスで、毎日顔を合わせます。

その当時は、女の子同士とか、恋人同士でする、「交換日記」が流行っていたので、私も、彼と半ばノリで交換日記をする事にしました。
その時はどうせ、2.3ヶ月くらいで飽きてしまい、

「そのうちやらなくなるだろうな~。」

とか思っていました。けれども、何だかんだで結構長く続きました。

日記って言いましても、ちゃんとした日記ではなく、どこにでもあるようなノートに、お互い日記を書いて交換していただけなのです。

「女の子っぽいと、彼は嫌がるかな?恥ずかしがるかな?」

そう思い、普通のノートに日記を書く事にしました。

スポンサーリンク

そして、彼と付き合い始めて半年くらい立ちました。
そんなある日、突然、彼が学校に来なくなったのです。

一人暮らしの彼の家に行ってみたり、電話をかけてみたり、とにかく何とかして彼と連絡を取ろうとしましたが、結局、最後まで連絡は取れずじまいでした。

それからしばらくして、警察から電話がありました。
その電話の内容は彼が自殺をしたと言う事でした。

彼の遺体が見つかったのは山の中でその時に彼が所持していた遺品のなかに、私との交換日記があったようで、警察から私に連絡が来たのです。

交換日記は当時、学校にいる間にしました。
しかし、最後に彼と会った日、何故か私との交換日記を家に持って帰り、ゆっくり見たいと言うのです、ですからそのまま彼に預けていました。

あの日が最後の交換日記になる事を分かっていた上での行動だったのかも知れないと言うのをその時 私は感じました。私の交換日記の最後のページには、

「本当にごめんな」と書いていました。

実は彼、元々体が弱く、幼い頃からずっと病院に通っていたのです。
彼の遺書には、

「苦しくて苦しくてもう耐えらんねぇ」

という内容が書いてありました。

病気の事を知っていたのに、その時、一番彼の近くに居たのに。
彼を救えなかった私自身を恨みました。

つづく

E.K

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA