千と千尋の神隠し 都市伝説

千と千尋の神隠しをご覧になった方は多いと思います。2001年に公開されて大ヒットしました。

スポンサーリンク

さて千と千尋の神隠しは豚になった両親を助ける為に千尋が油屋で湯女として働く事になるのですが

この湯女と言うのは江戸時代に男性客の垢すりや性的なサービスをする遊女であったのです。

現在で言うソープ嬢その遊女は当時 江戸でも問題になり江戸幕府から禁止令が出るほどであったらしい。

千と千尋の神隠しでも油屋にやって来るお客さんが男神ばかりであった事を考えるとそれも頷けると思う。

また千尋が仕事を始める時に千と言う名前が付けられますがこれは江戸時代の遊郭において遊女が仕事上の名前として別の名前を名乗る習慣から来ているのです。

その辺りから大ヒットアニメのジブリ作品ではあるが裏側には少女が娼婦に身を落として自分の大切な親の罪を償うと言う作品なのではないだろうか。

ジブリ作品には奥深い内容が多く それ言えにいろいろな都市伝説が存在するのではないだろうか。

千と千尋の神隠し 今回のこの都市伝説はかなり信憑性が高い物では無いかと個人的にはかんじます。

ある雑誌のインタビューで監督が語った事を言いますと

「今の世界として描くには何が一番良いか 考えたところ それはタブーとされて居る風俗業界だと思うんですよね。日本の裏側で栄えている風俗産業の事を無視する訳には行きません。」

とコメントして現代社会の少女を取り巻く環境を象徴させた作品になっているのでは無いでしょうか。

プロデューサーが

「最近の女の子は挨拶もロクに出来ない子が多いよね そんな子がキャバクラやソープ嬢になり接客を通じて成長して行くんだって」

と言う一言から千と千尋の神隠しプロジェクトがスタートしたらしいのです。

にわかには信じ難いかも知れませんがもう一度この作品 その辺りを注意して見直して見ると新たな発見があるかも知れませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA