鏡にまつわる怖い話

これは、鏡にまつわる怖い話です。まず最初に20歳未満の人はこの話を読まない事をおススメします。

スポンサーリンク


ある日、私は行きつけのファーストフードに行ってジュースを飲んでいました。
そこにはよく一緒に行く女友達と来ていて、いろいろと恋愛話をしていました。
その時に、鏡に関する怖い話になりました。

話しの内容は、

女友達「鏡を正面に見て、斜め45度下を見てそれで右側に振り返って見て。そうすると何かが見えるはずよ。」

私「へぇー・・・って何かって何なの?あと、それって本当なの?」

女友達「さあね~どうだろう やってみてね」

私は帰宅後、歯を磨いている時に、女友達の話を思い出して、

「そんな事 まずありえる訳ないよ。」と、思いながらも彼女の言った通りに鏡の前で斜め45度下を見てそのまま右側に振り返って見てみました。

その時、私は、確実に何かを見たのです。

鏡というのは、自分自身を、ありのままに映し出すもので、例え心を偽っていたとしても、見透かしてしまうものです。

あの時に女友達が言っていたのは、鏡を利用して、4次元空間を覗く方法だと、後で聞きました。

「正面に自分を見て45度下を見る。そして右側に振り返る。」

何も見えないかも知れません。何かが見えるかも知れません。何が起きるかわから無いのです。

噂によるとそこで見えてはいけないものが4次元空間の歪から写り込みそれを見てしまったものは4次元空間へと引きずり込まれてしまうらしいのです。

この話を20歳以上の人が聞いても得に問題は無いらしいのですが20歳未満の人が話を聞いて自分が二十歳の誕生日を迎えたその日に この話を思い出した場合 絶対にその日 一日は鏡に近づかないで下さい。

鏡の中の何かに遭遇する可能性がかなり高くなるらしいのです。

20歳未満の人が試す場合は何が起こるか保障出来ません 必ず自己責任でお願いします。

E.K

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA