マネキン

僕の家は田舎なので、キノコが取れるシーズンになるとよく裏山に

キノコをとりにいく。

小学生の時はキノコの良く取れる場所をじいちゃんに教えてもらいながら

二人でよく取りに行っていた。

中学生になるとその場所に一人で行ったり友達と行ったりしていた。

その日は日曜日で友達と二人で行ったんだ。

結構その日は順調に取れて友達と喜んでいたんだ。

キノコも大量に取れたしそろそろ帰ろうかと友達に声を掛けようとしたとき

友達がいきなり叫んで、その場にへたり込んだ。

その時は良くある事だけど木の枝かなんかで足でも切ったのかと思い

友達に近づくと。

友達は上を向いていた、俺もつられて上を向くと。

その木の枝に人がぶら下がっていた、それも2体。

本当に驚いた、腰が砕けるとはこういう事なんだろう。

俺は後ずさってパニックになっていたが、しばらくその場で深呼吸をして

友達と顔を見合わせて

「もう一度良く見て見よう」

友達は俺にそう言うと、俺は静かにうなずいた。

少しその木から離れていたので二人は木のすぐ下まで近づいた。

そこで二人はじっと良く見て見るとそれは人ではなく、マネキンだった。

二人は人ではなくて、ほっとしたら段々腹がたってきた。

イタズラにしてはタチが悪いだろと二人は愚痴をこぼしながら下山して

うちの親父にそのことを説明すると親父が、かたずけるからついて来い

と言い出し脚立と枝切バサミ、手斧を持って三人で山に戻った。

親父は脚立に登り手際良くマネキンのロープを切って下に落とし、こんな

物さっさとすてるぞと言い三人でうちの納屋に運んだ。

そうしたらマネキンの腹に「このマネキンを下ろしたやつは呪われる」と

赤ペンキで書いてあった。

もう一つの白のワンピースを着たマネキンの服を脱がすとそこにも同じよ

うに「このマネキンを下ろした奴の最も愛する人が呪われる」

と書かれていた。

三人はその場で凍りついた、親父は我に返り凍り付いている俺と友達に

「ジュースでも買って来い」と納屋から出した。

俺たちが帰ってきたときには親父がマネキン二体をバラバラにして既に

かたずけていた。

それ以来その二体のマネキンの話は俺たち三人の間ではタブーになっている。

あのマネキンは一体誰が何のためにあの場所に置いたのだろう。

あの場所は俺とじいちゃんの大切な思い出の穴場なのに。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA