道を教えて下さい

僕が前から欲しかったコンサートのチケットが奇跡的に当選して玄関の

ポストに入っていた。かなりの倍率で期待してなかっただけに本当

に嬉しかった。少し封筒にシミがあり品祖だったが気にもしなかった。

週末に祖母の家に親戚が集まるので僕は自慢してやろうとニヤニヤ

しながらチケットをしまった。

山沿いの祖母の家に帰るときバス停を降りていつも通る道、そう車一台

がやっと通れる小さなトンネル、トンネルの中には電灯も無く

僕はここを通るのがあまり好きではなかった。

その日は親戚が集まって居たので泊まるつもりだったが急に

明日朝一番に仕事が入りバスに乗り遅れないように急いで

祖母の家を出た。

夕暮れ時に気味の悪い、いつものトンネルをかけ抜けて少し歩いたとこ

ろで女性がたたずんでいた。女性はこちらに気づいたのか近寄ってきて

「すいません。道を教えてください。」

足が異様に細く腕も木の枝のように細く手には真っ赤なハンドバックを

持っている。まるで生気のないその顔を見ると内心僕は気持ち悪いと

思い適当に相手してこの場から早く去ろうと思った。

「えっと、どちらの方へ・・・・。」

「宮前町2-178-4 201号室」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

そこは僕のマンション。

僕の部屋だ・・・・・。

僕はつい口から。

「し、しりません・・・・・・。」

その女性は僕の顔をじっと見た後に腰が折れるかの様にお辞儀をして

その場から去って行った。

いったいあの女性はなんだったんだろう。

僕は関わりたくないと思いながら家路へと帰った。

僕が前から欲しかったコンサートのチケットが奇跡的に当選して玄関の

ポストに入っていた。かなりの倍率で期待してなかっただけに本当

に嬉しかった。少し封筒にシミがあり品祖だったが気にもしなかった。

週末に祖母の家に親戚が集まるので僕は自慢してやろうとニヤニヤ

しながらチケットをしまった。

山沿いの祖母の家に帰るときバス停を降りていつも通る道、そう車一台

がやっと通れる小さなトンネル、トンネルの中には電灯も無く

僕はここを通るのがあまり好きではなかった。

その日は親戚が集まって居たので泊まるつもりだったが急に

明日朝一番に仕事が入りバスに乗り遅れないように急いで

祖母の家を出た。

夕暮れ時に気味の悪い、いつものトンネルをかけ抜けて少し歩いたとこ

ろで女性がたたずんでいた。女性はこちらに気づいたのか近寄ってきて

「すいません。道を教えてください。」

足が異様に細く腕も木の枝のように細く手には真っ赤なハンドバックを

持っている。まるで生気のないその顔を見ると内心僕は気持ち悪いと

思い適当に相手してこの場から早く去ろうと思った。

「えっと、どちらの方へ・・・・。」

「宮前町2-178-4 201号室」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

そこは僕のマンション。

僕の部屋だ・・・・・。

僕はつい口から。

「し、しりません・・・・・・。」

その女性は僕の顔をじっと見た後に腰が折れるかの様にお辞儀をして

その場から去って行った。

いったいあの女性はなんだったんだろう。

僕は関わりたくないと思いながら家路へと帰った。

僕が前から欲しかったコンサートのチケットが奇跡的に当選して玄関の

ポストに入っていた。かなりの倍率で期待してなかっただけに本当

に嬉しかった。少し封筒にシミがあり品祖だったが気にもしなかった。

週末に祖母の家に親戚が集まるので僕は自慢してやろうとニヤニヤ

しながらチケットをしまった。

山沿いの祖母の家に帰るときバス停を降りていつも通る道、そう車一台

がやっと通れる小さなトンネル、トンネルの中には電灯も無く

僕はここを通るのがあまり好きではなかった。

その日は親戚が集まって居たので泊まるつもりだったが急に

明日朝一番に仕事が入りバスに乗り遅れないように急いで

祖母の家を出た。

夕暮れ時に気味の悪い、いつものトンネルをかけ抜けて少し歩いたとこ

ろで女性がたたずんでいた。女性はこちらに気づいたのか近寄ってきて

「すいません。道を教えてください。」

足が異様に細く腕も木の枝のように細く手には真っ赤なハンドバックを

持っている。まるで生気のないその顔を見ると内心僕は気持ち悪いと

思い適当に相手してこの場から早く去ろうと思った。

「えっと、どちらの方へ・・・・。」

「宮前町2-178-4 201号室」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

そこは僕のマンション。

僕の部屋だ・・・・・。

僕はつい口から。

「し、しりません・・・・・・。」

その女性は僕の顔をじっと見た後に腰が折れるかの様にお辞儀をして

その場から去って行った。

いったいあの女性はなんだったんだろう。

僕は関わりたくないと思いながら家路へと帰った。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA