クレヨン シンちゃん都市伝説

いまだに根強い人気を誇るクレヨンシンちゃん実はこの話にも都市伝説が
有るようだ。
シンちゃんは幼稚園でも人気者で
正義感も強くハチャメチャではあるけれども凄く楽しい幼稚園児です。
今日もみさえとひまわり3人で買い物に出掛け何時ものようにチョコビのお菓子をみさえにおねだりしてシンちゃんは買って貰える事になった。
日常の何時もの後景。

スポンサーリンク


シンちゃんは妹のひまわりの事が大好きで何時もはわがままを言ってみさえや
ひろしを困らせているけど
ひまわりが駄々をこねた時は何時も自分が折れてひまわりの言う事を聞いていた。
今日もスーパーでチョコビをみさえにおねだりして買って貰えるようになり
シンちゃんは大喜び。
ただ何時もと違うのは今日はひまわりも一緒にお菓子コーナーに行って
チョコビを買うとひまわりが駄々をこねた。

『しょうがないなぁ~かぁちゃんひまわりとお菓子コーナーに行って来るから。』

『はいはい しょうがないわねえ ちゃんとお菓子コーナーに居るのよ。
シンちゃんひまわりの事お願いね。』

『ほ~い ひまわり行こう。』

しんちゃんとひまわりはお菓子コーナーに行った。 色々なお菓子があり
胸が躍りシンちゃんは夢中でお菓子を掴んでは眺めて掴んでは眺めていた
片手にはチョコビを持っていたが付録がついたお菓子やシールが入っている
お菓子などが有りどんなシールなのか どんな付録なのかを妄想していた。
暫くして我に返ったシンちゃんはひまわりが居ない事に気がづいた。

『あれっ ひまわり~ひまわり~』

辺りを見渡すとスーパーの出入り口からひまわりが外に出ていた。
シンちゃんは

『ひまわり~ひまわり~出たらダメだぞ~』

と叫びながらひまわりを追いかけたもう少しでひまわりに手が届きそうな位
近づいた時に目の前の国道で事故が起こり車がひまわりに向かって突っ込んで
来た。しんちゃんはとっさにひまわりを突き飛ばしひまわりを助けた。

シンちゃんはひまわりの命を救った。

誰よりも正義感が強く凄くお茶目なシンちゃん。

シンちゃん・・・・・。

シンちゃんはひまわりを助けた時に突っ込んで来た
車に跳ねられて亡くなってしまう。

みさえはシンちゃんが亡くなった
事実が受け止めきれずシンちゃんの
人生をクレヨンで書き始めた。
本当だったら今頃しんちゃんはこう言う風になったり 幼稚園の友達と遠足に
行ったり公園に行って友達と遊んだりシンちゃんの事を
シンちゃんの人生をクレヨンで絵本にした。

愛する我が子を亡くした お母さんのとても寂しい物語

それがクレヨン シンちゃんと言うアニメが出来た都市伝説です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA