古い借家

僕達は結婚する事になり小さな部屋のマンションから借家に引っ越す事にした
この借家は街中と言うのに何故か凄く安く 僕は即決でここに決めた家自体が
古く嫁はあまり気乗りはしていなかったが安いという事もあり何とか説得し
ここに住む事となったこの借家に引っ越して来たその日に家の掃除をしようと
思い嫁と2人で家の隅々まで掃除をしていた時ふと天井を見上げたらお札が
貼ってあるのに気づいたとても古いお札で凄くボロボロだった僕は
汚らしかったのでそのお札を剥がしゴミ箱に捨てた。

特にそれから何かが起こる訳でも無く日々普通に過ごしていた子供が生まれ2歳になった頃だろうか子供がいつもお札を貼っていた辺りを眺めて指をさしているのだ最初は全く気にも留めていなかったがいつもその場所を指差していたので
あそこに何かあるのと僕が聞くとあそこに何か居ると言っている様だった。
まだ2歳時なので器用にはしゃべれないが何か居ると言っている様だ。
それから暫くして嫁と子供が休みの間 実家に帰る事になり僕は仕事があった為
家で1人で独身ライフを満喫していた夜10時位だっただろうか誰かに見られて
いるような感じがして急に鳥肌がたった。ものすごく怖い感じが突然してきて居てもたっても居られない
隣の部屋とは襖1枚で仕切られて居てその隣の部屋に引越した時にお札が貼ってあって僕が剥がした部屋だ。
子供がいつもそのお札のところを見上げてしゃべっていた 2歳時の子供がその場所にお札が貼って居た事を知るはずも無くいつもそこを眺めて居たのは確かに奇妙だった。
そして今まさに間違いなくその襖の向こうに何かがいる気配がある僕は金縛りに
あったように体が硬直していたがこのままここに居たらヤバイと思い体を振り絞り急いで家を飛び出た。

近所に実家があったのでそこで過ごし後日 嫁と子供が帰って来てから暫くは その借家に住んでいたが夜中に白い人影の様なものを見た時に僕は借家を出る決心をした。しかし若い僕らには直ぐに借家を出るお金も無く暫くそこに居たが2歳の子供が隣の部屋でお札の場所を見上げ誰かと会話している事が多くなり流石に子供に何か有るといけないのでその事を親に相談したらお金が貯まるまでは
実家に居させて貰える様になりすぐに退去した。
あの時の霊が良い霊なのか悪い霊なのか僕には分からないがこの家に入る時に
剥がしたお札が原因だったのだろうか 退去する時に大家さんにお札の事を話すと
バツの悪そうな顔をして敷金礼金 全額返金してくれた。多分本当にこの古い借家には
何かがあるのだろう。僕は早くこの場から去りたかったのでそれ以上深くは聞いていない。
それから暫くしてその借家に誰かが入居した様だったが新しい住居人にあれから何も霊的な事が起こっていない事を切に願います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA