チヌ釣り 高知県宿毛湾にて

高知県宿毛湾はスズキ ヒラメ モイカ チヌつり好きは堪らない 私的には
聖地です(笑)

今回は聖地 宿毛湾にてチヌ釣りをしようと思います。まずエサにボケを
使い投げ釣りをして行こうと思います。

011

時間は午前6時 当たりはあるが釣れるのはフグとベラのみ粘りに粘ったが
一向に釣れる気配が無い 痺れを切らした私は砂浜でカキを取り生で食す始末
凄く美味しかった。その周りでアサリ掘りをしていたので私もアサリ掘りを
始める。アサリをバケツ一杯に取り今日はアサリの酒蒸しですかね。
アサリは砂抜きをしないとジャリジャリで美味しくないですから海水を持って
帰るか500ccの真水に15gの塩を入れて塩分濃度3%の食塩水を作り暗所で3時間程度 砂抜きをする事。それともう一つ大事なのは塩抜きですこれが上手く出来てないと辛くてとても食べれません塩抜きをしても有る程度塩が残り辛いので
かなり塩分控えめに料理をするのがコツです。
塩抜きは海水から出して涼しい暗所で1時間位放置で良いです。これで美味しい
アサリが戴けます。
001
さて釣れませんので近くに知り合いの漁師さんが居るのでお願いして沖に出ました
養殖場の囲いの外で釣りをさせて貰いマズマズのチヌ3匹とタイ1匹ゲットしました。その後 漁師さんの家でタイとチヌの刺身をあてに宴が始まり最後は酔い潰れて気がついたのは翌日お昼前・・・・・。
私的にはゴールデンウィーク満喫出来ました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA