隙間女

幼少の頃からの友人が大学の入学と供に東京へ来た時の話だ。

入学から2ヶ月が過ぎたある日の事だった。
大学から帰りいつものように一人で家でくつろいでいるとスマホが鳴り。

「はい、峰元です。・・・」

相手は幼少の頃からの友人で今晩 家に泊りに来て欲しいと言うのだ。
僕は一旦断ったがどうしても来て欲しいと言われ渋々了解した。
友人の家は僕の家から徒歩10分程度の場所のアパートだ。
友人の家に入ると異様な光景に僕は驚いた。
なんと隙間という隙間をガムテープで塞いでいたのだ。

「おお、来てくれてありがとう・・・」

元気のなさそうな声でお礼を言われた。友人は幼少の頃は活発で常に輪の中心的な人物だった。
この2ヶ月で彼に何が起こったのだろうか?と僕は不思議に思い問い詰めた。
しかし、友人はああ、うんと曖昧な返事をしてけして答え様とはしなかった。

その日の夜、友人はずっと何かに怯えたように

「見るなこっちを見るな」

と寝言を言いうなされていた。
眠りに入って数分するとハッと起きる。そんな風に一晩中うなされ続けていた。

スポンサーリンク


次の朝、友人は泣きながら僕にお礼を言ってきた。
僕は友人の行動を不思議に思いながら自分の家に帰る。

暫くしたら僕は誰かに
見られているように感じた。

もちろん部屋には誰もいないし、ペットも飼っていない。
何かの気のせいだと思い、僕は特に気にしなかった。

次の日も部屋でくつろいでいると、また誰かに見つめられているような感覚に
陥った。

部屋には僕一人しかいないし、3階なので人に覗かれる事も考えにくい。

押入れの中に誰かが隠れているのでは無いかと思い、押入れを開けてみたが、
特に変わった所は無かった。

そして、そのような状況はほぼ毎日続いた。

ある日、いつものように視線を感じる方向を見た瞬間、僕は冷蔵庫と壁の僅かな
隙間から、こちらをじっと見つめて居る女性の姿を見つけてしまった。

「うわぁっ」

と僕は悲鳴をあげ、無我夢中で隙間をあの友人の部屋のようにガムテープで塞ぎ始めた。

その女はその姿をじっと隙間から見続けるのだった。

僕は後日サークルの友達を誘い家で酒を飲み一泊して貰った。帰り際に

「昨日はありがとう 本当にありがとう。」

と深々と頭を下げた。サークルの友達は不思議そうな顔で帰っていった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA